―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

プロバイダチェックリスト

プロバイダの行っているキャンペーン情報に関してご紹介します。
トップページ >

ページの先頭へ

WiMAXの特性としては、インターネットの利用を

WiMAXの特性としては、インターネットの利用を無線で行なう事が可能だと言う利便性にあるでしょう。
無線を使いますから、固定回線のように契約くした住所に縛られる事がありません。



それに加え、WiMAX機器はポケットサイズですし、持ち運び性が長けています。そう言う部分を考えると、タブレットとの相性が抜群です。


ですから、WiMAXプロバイダの中にはタブレットの無料プレゼントを行っている所も存在します。
Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を抑える点が改良されたWiMAX端末です。
その理由は、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリーの減りが激しかったからです。そう言う理由から、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新しく搭載されました。合わせて、三日間の総通信量が表示される機能が新たに加えられ、混雑回避のための速度制限への対策が取りやすくなりました。



某電機屋さんで、光回線の利用を始めないかと店員に声掛けをされました。WiMAXユーザーの私ですから、勿論ですが、必要ないものです。店員に対してそう言う回答をすると、想定外の答えをされました。

WiMAXって言えば、強風の日とか使えなくなるでしょう?しかしながら、今までのWiMAXユーザーとしての経験上、台風や強風でWiMAXが使えなくなるなんて事は一度足りともありませんでした。大雨の中であっても、WiMAXへの影響は何も見られませんでした。
Speed USB STICK U01はUSBタイプのWiMAX機器で、下り最大通信速度として220Mbpsも出す事が可能な点が特徴のWiMAX端末です。
その仕組みですが2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に利用する事で、今までの倍の通信速度を出す事が可能になるキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。


また、Speed USB STICK U01はau 4G LTEと言う通信回線も利用出来ますので、人口カバー率99%と言う広大な通信エリアに対応する事が出来ます。Speed USB STICK U01はバッテリーを機器内に装備していませんから、USBポートから給電しながら使用するタイプのWiMAX端末となります。

WiMAXサービスは無線を使用したインターネットですので、その方式ならではの利点が沢山あります。
例を挙げると、これまでのインターネット回線のように建物ごとでの契約ではありませんから、WiMAX端末さえカバンに入れて持ち歩けば、1回線分の申し込みで様々な場所からインターネットが出来ます。



合わせて、無線ですから回線工事が必要ありませんので、WiMAX端末が契約先に届いて直ぐにインターネットをする事が出来るだけじゃなくて、回線工事費を支払う必要もないので安くインターネットが出来ます。


加えて、無線なので配線でごちゃごちゃするような事もありませんから、掃除も非常に容易だし部屋もすっきりします。

WiMAXに関して調べていると、結構言われている事があります。



例として、通信速度が遅いだとか、そう言った悪評も存在します。
そんな状況ではありますが、WiMAXの基地局の数は年々増えています。そう言う訳ですから、口コミの状態が今も続いているとは言い難い状況にあります。

口コミサイトでWiMAXについて調べる時には、記事の投稿日は最低でも確認しましょう。

WiMAXと契約を行う時、色々なキャンペーンサービスが付いて来ます。

中でもお勧めなのは、公衆無線LANが利用可能になるサービスです。


UQ WiMAXならUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言ったようなものです。

どのプロバイダと契約を行っても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、沢山のWi-Fiスポットと契約しているサービスです。UQ WiMAXを入手すると、WiMAX端末しか使わないから、屋内がさっぱりします。
固定回線だと電話線とモデムと無線ルーターが必要で、その間をLANケーブルで結ぶ必要があります。



モデムは毎月レンタル料金が必要で、月々の使用料金に上乗せされます。

手段として、モデムに無線カードを差し込む事も出来ますが、無線カードを使用する月はレンタル料を取られてしまいます。
WiMAXのサービスの中でも業界最安値で有名なのが、楽天サービスが運営しているRacoupon WiMAX 2+と言うプロバイダです。Racoupon WiMAX 2+の強みは月額料金の安さだけではなく、楽天クーポンの割引チケットが1000円分貰えると言う部分も挙げられます。他にも、月額料金の中には安心サポートの料金も含まれていますから、万が一WiMAX端末が故障した場合にも安心です。


加えて、通常は20000円もしてしまうWiMAX端末代が、Racoupon WiMAX 2+であれば無料になる特典まで付いて来ます。PEPABO WiMAXでWiMAXサービスの契約を行なう場合、色々なキャンペーンの特典を貰えます。


そんなPEPABO WiMAXが準備しているキャンペーン特典の中でも独自的なのが、レンタルサーバーサービスのヘムテルやホームページ作成サービスを運営するグーペ、フォトストレージサービスの30days Albumを無料で利用出来ると言ったキャンペーン特典です。いくつかあるPEPABO WiMAXのキャンペーン特典の中のこれだけの特典のみでも、総額40550円分の金銭的メリットがあります。
それに、WiMAX業界で二番目に高額な現金キャッシュバックも貰えますから、実は、PEPABO WiMAXの金額的メリットはとても大きいです。

WiMAXの通信を行なう為には、専用の通

WiMAXの通信を行なう為には、専用の通信回線が必要です。WiMAX端末は新製品がどんどん登場し、新しい機能を持ったものが次々と出ています。

例として、WiMAX端末の対応回線がWiMAX回線のみから、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線を選びながら使用可能です。更に、通信速度が毎年速くなって来ている点も挙げられます。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入され、通信速度が110Mbpsから220Mbpsへと速くなりました。WiMAXサービスは電波を利用するインターネットサービスですので、一度使用してみないと分からないところではあります。
そう言う方にお勧めなサービスが、Try WiMAXって言う15日間のWiMAXお試しサービスです。

クレジットカードの登録とアンケートへの回答が利用条件とはなりますが、申込み前にWiMAXサービスを使用する事の出来る嬉しいシステムです。
サービスの使用中にUQ WiMAXから営業の電話がありますので、そのまま申込みまで進める事も出来ます。

So-net モバイル WiMAX 2+にてWiMAXサービスの契約を行なうメリットですが、セキュリティサービスが1年間無料になると言う点が一つと言えます。その理由としては、So-netのインターネットサービスはWiMAXだけに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言う点で人気なのです。



付いて来るセキュリティサービスと言うのはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティのことを指し、WindowsとMacとAndroidの三種類のOSで利用可能で、最大5台の機器に対してまでインストールする事が可能です。カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティを機器内にセットアップする事によって、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの多様な危険に対処する事が出来る点が、非常にありがたいキャンペーン特典です。固定回線の人気は依然として健在ではありますが、モバイル業界への人気の高まりを感じるようになりました。使える場所が予め決まっている固定回線とは違うので、とても便利なインターネットサービスとなっています。
とは言えどもモバイルですから、不安定なんじゃないかと言う部分があります。

けれども、今のモバイルの環境は整備が整っていて、通信状態は安定しています。って事で、無線を使っているからと調子は悪く無いです。近年普及率の高まるWiMAXではありますが、通信速度の制限処理に注意しながら使用しましょう。

他社のモバイルインターネットと比較すると、そんなにWiMAXは厳しめな速度制限を設定していません。
とは言っても、一定の通信量を超えると速度制限の対象となりますから、通信し放題だと勘違いしないようにしたいものです。
しかしながら、速度制限が適用されてしまっても、使えないと言う程インターネットが遅くなる事はありません。近頃は、WiMAXのプロバイダの中に、独自の保証制度を設けるプロバイダが登場しています。


例を出せば、Broad WiMAXではご満足保証と言う保証制度を用意しています。
あとは、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を採用しています。


どちらの保証制度にしろ、違約金を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が可能な制度になります。

WiMAXを入手すると、WiMAX端末しか必要ないから、部屋がすっきりします。

光回線だとモジュラージャックとモデムと無線ルーターが必要で、その間をLANケーブルで繋ぐ必要があります。

モデムは月々レンタル料金が必要で、月々の使用料金に上乗せされます。
また、モデムに無線カードを差し込む事も出来ますが、無線カードを使用する月はレンタル料金を請求されてしまいます。
WiMAXサービスの中でも業界一の安さで有名なのが、楽天サービスが管理しているRacoupon WiMAX 2+と言うプロバイダです。

Racoupon WiMAX 2+の強みは月額利用料金の安さだけではなくて、楽天クーポンで使用出来る割引チケットが1000円分貰えると言う部分も挙げられます。


合わせて、月額料金の中には安心サポート代が含まれていますから、万が一WiMAX端末が故障した場合であっても安心出来ます。加えて、普通は20000円もするWiMAX端末代が、Racoupon WiMAX 2+ならば無料となる特典まで付いて来ます。


WiMAXサービスの月々の利用料金ですが、驚く事に、契約先で料金が異なります。
具体的には、Broad WiMAXの場合、最初に高い初期費用が掛かる代わりに、ずっと毎月の料金が割引きされます。

他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がかなり安いですが、契約から25ヵ月目の月額料金は高額となります。
この様に、各契約先によって毎月の料金に特徴がありますので、それを理解した上で契約先を決めましょう。
WiMAX通信に対応した通信機器は、次々と新しいものが発売されています。それぞれによって性能が異なり、便利さも違います。そんな中でも衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の販売です。



このWiMAX端末はau 4G LTE回線に対応していて、当時はまだ不足していたWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。


WiMAXサービスは無線を使用し

WiMAXサービスは無線を使用したインターネットですから、その特徴ならではのメリットが沢山あります。例を出すと、従来のインターネット回線のように建物ごとでの申し込みではありませんから、WiMAX端末さえ身に付けて持ち歩けば、1回線分の申し込みで色々な場所からインターネットが出来ます。
その他、無線と言う事で回線工事が不要となりますから、WiMAX端末が手元に届いて直ぐにインターネットをする事が出来るだけじゃなくて、回線工事費を支払う必要もないので安くインターネットが導入出来ます。その他にも、無線なので配線でごちゃごちゃする事もありませんから、掃除も非常に楽だし部屋も整理されます。



WiMAXの通信を行なうには、専用のWiMAX端末を使用する必要があります。
新製品が次々と登場し、WiMAXの魅力はどんどん上がる一方です。例を挙げれば、WiMAX端末はWiMAXしか使用出来ない作りでしたが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線の両方にも対応するようになりました。また、通信速度が毎年速くなっています。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入された際も、通信速度が110Mbpsから220Mbpsへと向上しました。
WiMAXサービスを提供するプロバイダですが、いくつかあります。


それぞれのプロバイダが行っているキャンペーンによってお得感は異なりますから、その部分では、注意した方が良いです。
例を挙げると、月額料金を最安値で利用したいのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+の鬼安キャンペーンがお薦めです。


このように、各キャンペーン毎にお得感は異なって来ますから、慎重に契約先は選ぶのが望ましいです。周知のようにWiMAXには速度制限がありますが、そんなにハードなものではありません。ギガ放題プランで契約すると、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限はないです。
混雑回避の為の速度制限も、他のモバイルインターネットサービスの3倍の通信量を使用する事が出来ます。
帯域制限時であっても、動画を観る事が可能な通信速度は維持されます。GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約時に付いて来るオプションサービスの中には、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションと言った月額362円のサービスもあります。

このオプションサービスは何なのかと言うと、ワイヤアンドワイヤレス社の提供するWi2エリアとUQコミュニケーションズ株式会社の運営するUQ Wi-Fiエリアを利用出来るサービスの事です。サービス対象となるWi-Fiスポットは全国10000ヶ所以上で、駅や空港やバス、飲食店やホテルなどで使用する事が出来ます。
Wi2エリアの中では別で1時間利用ごと100円掛かるオプションエリアチケットを購入する必要のあるエリアがありますが、オプションエリアチケットを買い取った料金分はGMOポイントと言う形で還元して貰えます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として発表になったWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15です。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持つ大きな特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を利用する事が可能だと言う点が挙げられます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う機能に対応して、従来のWiMAX端末のWiMAX回線と比較すると、一回りほど広範囲での通信に対応しています。
更には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応している部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した際の大きな違いと言えます。Speed Wi-Fi NEXT W01はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載し、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAXの端末として登場しました。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当時はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応している地域が拡大しています。また、au 4G LTE対応はHWD15から受け継ぎ、広大なエリアでの通信に対応している部分がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。
当然の事ですけど、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台にも対応していて、充電しつつのインターネットにも対応してます。
WiMAXに申し込むと、その機能性の良さにビックリさせられます。私が契約後に感じたのが、速度制限がそんなに厳し過ぎないと言うところです。

私はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですが、帯域制限のせいでイライラする状況が無くなりました。UQ WiMAXにも通信制限はありますけれど、ギガ放題プランであれば気にするレベルじゃ無くなるのです。ワイマックスって言う人気のネットサービスですが、このネット通信サービスって、速度制限の規制がある程度緩い点が特長です。ですので、十分にインターネット通信を行なう目的の人にしてみれば、一番お薦め出来るモバイルのインターネットサービスと言えます。

速度制限を気にしてられないと言う方は、検討してみるのも良いでしょう。



GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXの契約を行なうと、月額料金の支払いの度にGMOポイントが100pt貯まります。


貰えたGMOポイントはBBウォレットと言うサービスで100円に換金出来、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金に利用する事が出来ます。BBウォレットの残高にお金を振り込んでおけば、自動的にGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金として使用されます。
他には、GMOポイントは約2万店の提携ECサイトのネットショッピングで現金の代わりに利用可能だったり、クーポンサイトのくまポンで現金代わりに使用する事も可能です。

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 プロバイダチェックリスト All rights reserved.